HOME  ㅣ  CONTACT US  ㅣ  ENGLISH  ㅣ  ADMIN
COMPANY
会社案内
PRODUCTS
取扱製品
TECHNICAL INFORMATION
技術情報
SUPPORT
サポート
NEWS
お知らせ
海外ではどのように線量管理をしていますか。
A. 診断参考レベル(DRLs)の使用を義務化又は推奨しています。
ICRPやIAEAなどの国際的な指針においてDRLs(診断参考レベル:Diagnostic Reference Level)を使用することが最適であるとされております。
またヨーロッパではDRLの確立がEU加盟国に求められ、各国でDRLsを取り入れてます。

特に英国においては、25年以上の間、DRLsの徹底的で一貫的な導入が患者線量減少の成果につながったという報告があります。

日本においても最初のDRLが2015年6月7日にJ-RIMEにより発行され、医療被ばくの最適化に貢献しています。

またこのDRLsの測定にはKAP(=DAP:面積線量)を用いることが望ましいとされております。


前の記事 ▲ 物理的特性値とは何ですか。
次の記事 ▼ 面積線量計と計算方式は何が違いますか。